駅前士業ドットコムは、士業のポータルサイトです。

受付時間 : 9:30~17:30 (土日祝祭日除く)メールは24時間OK

http://www.ekimae-sigyo.com

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

損害賠償請求.com

不法行為による損害賠償

民法709条(不法故意による損害賠償)
 故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

不法行為の種類

  1. 医療過誤故意過失
  2. 建築士の義務
  3. 権利または法律上保護される利益侵害
  4. 権侵害

行為の要件

  1. 加害者の故意・一般過失
    本条では、過失の有無を決定すべき注意の程度を示していませんが、普通注意いる人が事物の状況に応じて通常なすべき注意を尽くせば足りるものと解する。
  2. 権利侵害
  3. 損害の発生
  4. 侵害行為と損害発生との間の因果関係
    因果関係の存否は、事物通常の状態により、社会通念上の観念に基づいて判断すべきであって、抽象的に観察してその行為が一般的に損害を生じる可能性を必要とするが、その損害が行為の直接結果であるか間接であるかは問わない。
  5. 加害者の責任能力(民法712,713条)
    不法行為が成立するためには行為者に責任能力がなければならない。
  6. 違法性

詳しくはこちらをクリック

財産以外の損害賠償

第710条(財産以外の損害賠償)
 他人の財産身体、自由もしくは名誉を侵害した場合または他人の財産権を侵害した場合のいずれかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負うものは、財産以外の損害に対してもその賠償をしなければならない。

  1. 人的権利侵害
  2. 身体
  3. 名誉、信用、氏名、プライバシー、肖像
  4. 生活道の通行権
  5. 通行妨害
  6. 貞操
  7. 有責離婚・内縁不当破棄
  8. 生活妨害etc...

使用者等の責任

民法715条(使用等の責任)

  1. ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
  2. 使用者に代わって事業を監督する者も、前項の責任を負う。
  3. 前二項の規定は、使用者又は監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない。

共同不法行為者の責任(不真正連帯債務)

第719条共同不法行為者の責任)

  1. 数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。
  2. 行為者を教唆した者及び幇助した者は、共同行為者とみなして、前項の規定を適用する。

士業の方は、こちらへどうぞ・・

お近くの士業が対応いたします。