駅前士業ドットコムは、士業のポータルサイトです。

受付時間 : 9:30~17:30 (土日祝祭日除く)メールは24時間OK

http://www.ekimae-sigyo.com

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

告訴状のサンプル

  • 「告訴状」…タイトル
  • 告訴先…捜査機関の名称、名称の後に「御中」
  • 告訴日…何年何月何日
  • 告訴人…告訴人(被害者)の住所・氏名(署名)・電話番号・押印
  • 被告訴人…被告訴人(加害者)の住所・氏名・電話番号
  • 告訴の趣旨…被告訴人の下記行為は刑法○○条の○○罪に該当すると思われますので被告訴人の厳重な処罰を求める為、ここに告訴いたします。
  • 告訴事実…内容を記載する。客観的事実を詳細に。時系列で。
  • 結…「被告訴人の前記行為は刑法○○条の○○罪に該当すると思われますので被告訴人の厳重な処罰を求める為、ここに告訴いたします。」
  • 立証方法
  • 添付書類… 証拠書類 、証拠

詳しくはこちらをクリック

事例1 公正証書原本不実記載罪

事件の概要

 

詳しくはこちらをクリック

事例2 犯罪収益移転防止法違反

 

犯罪による収益の移転防止に関する法律は、金融機関等の本人確認、取引記録保存及び疑わしい取引の届出等の義務を定める、マネー・ローンダリング対策をする法律である。

従来、日本におけるマネー・ローンダリング対策の柱となる法律は、「本人確認法」と「組織犯罪処罰法」の2つであった。

しかし、2003年(平成15年)に改訂されたFATF「40の勧告」において、金融機関のみならず、非金融業者(不動産・貴金属・宝石等取扱業者等)、職業的専門家(法律家・会計士等)についても規制すべき対象として追加される。そこで、政府の国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部は、「本人確認法」と「組織犯罪処罰法」第5章を一本化し、対象業種を拡大する法案を作成すること、FIUを金融庁から国家公安委員会に移管することなどを決定する。

2007年4月1日に一部施行され、翌年3月1日の全面施行により「本人確認法」と「組織犯罪処罰法」を置き換える形となったが、金融機関との取引に際して行われる本人確認の内容は基本的に変わらないが、宅地建物取引業などが新たに確認対象業者とされた。

2013年4月1日に改正法が施行予定。確認が必要となる取引や、取引者の個人特定情報のほか、職業・事業内容、取引目的、支配的株主など確認事項が追加される。

 

詳しくはこちらをクリック