駅前士業ドットコムは、士業のポータルサイトです。

受付時間 : 9:30~17:30 (土日祝祭日除く)メールは24時間OK

http://www.ekimae-sigyo.com

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

会社概要

商 号 マミヤ・オーピー株式会社
所在地 東京都千代田区神田錦町三丁目18番地

資本金 39億6263万2175円
役 員 代表取締役 鈴木 聡
東京証券取引所 2部上場 コード№7991
連結決算企業  キャスコ株式会社  

http://www.mamiya-op.co.jp/company/group

詳しくはこちらをクリック

会社概要

商 号 マミヤ・オプティカル・セキュリティシステム株式会社
資本金 1億円
役 員 代表取締役 松本 敏博
      取締役 中島 清
取締役 鷹巣 操
      監査役 豊田 浩

目 的 

  1. 電子計算機のソフトウェア及びハードウェアの研究開発及び製造販売及び保守
  2. 遊戯機器の試験研究、企画、開発、設計、製造、販売及び輸出入
  3. 自動化機器(児童麻雀・パチンコ両替機紙幣識別装置・両替玉貸機・紙幣搬送システム)の研究開発及製造販売及び保守
  4. パチンコホール・マージャン荘に対する経営指導に関するコンサルティング業務
  5. 金銭の貸付、その媒介およびその保障並びにクレジットカードの取扱業務
  6. 各種カード(磁気カード・光カード)の企画、開発及び製造
  7. 食料品・飲料水の販売
  8. 前各号における輸出入業務
  9. ゴルフ場会員権の売買及び仲介
  10. ゴルフ会員の募集企画、募集並びに募集代行​業務
  11. テニス、スキー等のメンバースクラブの経営及び施設利用券の販売
  12. 前各号に付帯する一切の業務

 

会社概要

商 号 コスモ・イーシー株式会社(マミヤ・OSの100%小会社)
本 店 東京都千代田区神田駿河台三丁目1番2号
設 立 昭和62年2月10日
資本金 1億円
役  員  代表取締役 熊取谷 稔(イスタニ ミノル)
      取締役 熊取谷 篤(イスタニ アツシ)
        取締役 小林 正樹
        取締役 落合 稔
        取締役 星 政宏
        監査役 秋谷 茂

目 的

  1. 電子計算機のソフトウェア及びハードウェアの研究開発及び製造販売及び保守
  2. 遊戯機器の試験研究、企画、開発、設計、製造、販売及び輸出入
  3. 自動化機器(児童麻雀・パチンコ両替機紙幣識別装置・両替玉貸機・紙幣搬送システム)の研究開発及製造販売及び保守
  4. パチンコホール・マージャン荘に対する経営指導に関するコンサルティング業務
  5. 金銭の貸付、その媒介およびその保障並びにクレジットカードの取扱業務
  6. 各種カード(磁気カード・光カード)の企画、開発及び製造
  7. 食料品・飲料水の販売
  8. 前各号における輸出入業務
  9. ゴルフ場会員権の売買及び仲介
  10. ゴルフ会員の募集企画、募集並びに募集代行​業務
  11. テニス、スキー等のメンバースクラブの経営及び施設利用券の販売
  12. 前各号に付帯する一切の業務

会社概要

コスモ・イーシー株式会社(マミヤ・OSの100%小会社)
本 店 東京都新宿区西新宿三丁目2番7号
旧住所 東京都文京区後楽一丁目2番2号
設 立 平成10年4月17日
資本金 1億円
役   員 代表取締役 熊取谷 篤(イスタニ アツシ
        取締役 山田 美智子
      取締役 松本 敏博
        取締役 落合 稔
        監査役 杉沢 結樹
目 的

  1. 電子計算機のソフトウェア及びハードウェアの研究開発及び製造販売及び保守
  2. 遊戯機器の試験研究、企画、開発、設計、製造、販売及び輸出入
  3. 自動化機器(児童麻雀・パチンコ両替機紙幣識別装置・両替玉貸機・紙幣搬送システム)の研究開発及製造販売及び保守
  4. パチンコホール・マージャン荘に対する経営指導に関するコンサルティング業務
  5. 金銭の貸付、その媒介およびその保障並びにクレジットカードの取扱業務
  6. 各種カード(磁気カード・光カード)の企画、開発及び製造
  7. 食料品・飲料水の販売
  8. 前各号における輸出入業務
  9. ゴルフ場会員権の売買及び仲介
  10. ゴルフ会員の募集企画、募集並びに募集代行​業務
  11. テニス、スキー等のメンバースクラブの経営及び施設利用券の販売
  12. 前各号に付帯する一切の業務

コスモイーシー30億所得隠し H19.9.2     

政財界に幅広い人脈を持つとされるパチンコ関連会社「コスモ・イーシー」(東京都千代田区)の熊取谷(いすたに)稔社長(67)と、グループ約30社が東京国税局などの税務調査を受け、06年までの7年間で約30億円所得隠しを指摘されていたことが分かった。

 経理ミスなどを含む申告漏れ総額は約90億円に上るが、赤字企業が多いことから重加算税を含む法人税や所得税などの追徴税額は約7億円にとどまった。熊取谷社長やグループ各社は修正申告したという。

 関係者によると、コスモ社などはグループ企業間での取引価格を低くしたり、赤字企業の経費を業績の良い会社に付け替えるなどして所得圧縮していた。また、グループ各社から熊取谷社長への多額の貸し付けのうち、返済のめどが立たないものは熊取谷社長に対する役員賞与とされたという。

 熊取谷社長は大阪府出身。埼玉、栃木県などで多くのゴルフ場の実質的オーナーを務めるほか、パチンコの玉貸し機やマージャン機器の製造・販売会社などを複数経営しており、プリペイドカードを使ったパチンコ機の導入を積極的に進めた。

 90年に米国の名門ゴルフリゾート「ペブルビーチ」を約8億4000万ドルで買収し一躍有名に。リクルート事件で有罪判決を受けた元NTT会長の真藤恒氏(故人)の側近だったほか、複数の政治家とも親交が深く「フィクサー」とも呼ばれていた。

詳しくはこちらをクリック

花葉カントリークラブ 評判 花葉カントリークラブ オープン 花葉カントリークラブ 視察プレー 花葉カントリークラブ ブログ 花葉カントリークラブ 成田コース花葉カントリークラブ 小御門コース キャスコ花葉CLUB 花葉カントリークラブ2014 

ページTOPに戻る

松本 敏博(マミヤ・OS現代表)

(株)シンコー(資本金4500万円、大阪市中央区島町2-1-15、代表松本敏博氏、従業員308人)と、グループ会社である六甲カントリー倶楽部(株)(資本金5000万円、同所、代表戸澤茂氏)、三木セブンハンドレツド倶楽部(株)(資本金5000万円、同所、代表松本敏博氏)、グリーンハイランドカントリー倶楽部(株)(資本金5000万円、同所、代表戸澤茂氏)の4社は、平成17年2月10日に大阪地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は佐伯照道弁護士(大阪市中央区北浜1-8-16、電話06-6202-1088)ほか。監督委員には印藤弘二弁護士(大阪市北区西天満4-4-18、電話06-6363-7800)が選任されている。

(株)シンコーは、1972年(昭和47年)11月に設立されたゴルフ場開発・経営業者
 75年に「グリーンハイランドカントリー倶楽部」(三重県名張市)をオープンさせたのを皮切りに、
  79年に「三木セブンハンドレッド倶楽部」(兵庫県三木市)、
  86年に「六甲カントリー倶楽部」(兵庫県西宮市)、
  90年に「奈良若草カントリー倶楽部」(奈良県山辺郡)、
  92年に「ロータリーゴルフ倶楽部」(神戸市北区)、
  93年に「サンリゾートカントリークラブ」(和歌山県海草郡)
 などを相次いで完成させ、グループ4社で6コースを経営。バブル期にはゴルフ会員権売買のほか、ビル賃貸、駐車場経営も手がけ、93年12月期の年収入高は約107億円をあげていた。
 しかし、ゴルフ場開発やその他の不動産取得、不動産投資を手がける関連会社への貸付金などで借入金が膨らむ一方、バブル崩壊以降の不況で入場者数の減少が続き、2003年12月期の年収入高は約47億8100万円にまでダウン。
 この間、94年には当時造成中であった「迎賓館ゴルフ倶楽部」(兵庫県)が工事代金の未払いから建設会社に売却されたほか、借入金の大半が整理回収機構やサービサーに譲渡されるなど資金繰り悪化が表面化していた。

 このため、賃貸用ビルや遊休不動産の売却、乗用カートの比率を高め人員の削減を図るなど経費の削減に努めてきたものの業況は好転せず、会員からの預託金返還請求の増加もあって、今回の措置となった。

 負債は(株)シンコーが約2020億円、六甲カントリー倶楽部(株)が約195億円、三木セブンハンドレツド倶楽部(株)が約149億円、グリーンハイランドカントリー倶楽部(株)が約95億円で4社合計では約2459億円。(帝国データバンクより)

ページTOPに戻る

戸澤 茂(マミヤ・OS前代表)

(株)下総厚生事業団(資本金3億2000万円、文京区後楽1-2-2代表戸澤茂氏)は、平成16年4月9日に東京地裁へ自己破産を申請し、4月14日に同地裁より破産宣告を受けた。破産管財人は小林信明弁護士(千代田区麹町1-6-9、電話03-3238-8515)。債権届け出期間は5月14日までで、第1回債権者集会期日は9月13日午前10時。
代表戸澤茂は、マミヤ・オプティカル・セキュリティシステム株式会社の代表者でもある。

 同社は、ゴルフ場の経営、ゴルフ会員権の売買を目的として、1983年(昭和58年)12月に設立。85年に東都開発観光グループが営業権を買収、93年3月から千葉県香取郡でゴルフ場の造成を開始し、同年4月から会員を募集していた。

 しかし、バブル経済崩壊の影響などから工事は遅れ、98年に「スリーウッドカントリークラブ」(花葉カントリ-クラブ)として9ホールで仮オープンした。

 2000年から、残りの9ホールを完成させるべくゴルフ場経営大手の緑営グループの取締役が当社取締役に就任し援助を得ていたが、2003年8月に同グループが民事再生法を申請したこともあり、今年2月には役員が退任し、本店所在地も現所に移転、その後の動向が注目されていた。 負債は約150億円。(帝国データバンクより)

(戸澤 茂 マミヤ・OS前代表)

TDB企業コード:983026407「東京」
 (株)インターナショナルイーシー(資本金1億円、文京区後楽1-2-2代表戸澤茂氏)は、2014年12月3日に東京地裁へ自己破産を申請し、5日に破産手続き開始決定を受けた。
 破産管財人は竹村葉子弁護士(新宿区新宿1-8-5、三宅・今井・池田法律事務所、電話03-3356-5251)。債権届け出期間は2015年1月5日までで、財産状況報告集会期日は同年3月6日午前11時。
 当社は、1984年(昭和59年)9月の設立。コスモ・ワールド(株)の商号で事業を展開し、当初はソフトウエアの販売・リース事業のほか、ゴルフ会員権募集代行なども手がけ、98年5月期には年収入高約1億3000万円をあげていた。
 しかし、近年は所有ビルの賃貸のみの営業となっていた。この間、過去の不動産ほか海外投資に伴う借り入れ負担が資金繰りを圧迫。最近では実質的な活動を停止するなか、今回の措置となった。
 負債は債権者約17名に対し約485億5300万円。
 なお、負債規模は宅地造成・建売住宅販売のエヌ・エス・アール(株)(東京都、1月、破産)の1650億円に次ぎ、今年2番目の大型倒産となった。

(帝国データバンク)

インタナショナルシー200億円所得隠し


報道各社によると、パチンコ関連会社「コスモ・イーシー」のグループ会社で、平成26年12月3日に破産手続き開始決定を受け事実上倒産した不動産会社の(株)インターナショナルイーシー(東京都文京区)が東京国税局の税務調査を受け、所得隠しを指摘されたことが分かった。

 同社が、平成23年5期に約200億円の所得隠しを指摘され、重加算税を含む法人税の追徴税額は数十億円とみられ、同社は既に修正申告したが、約485億円の負債を抱えて破産を申請したため、現時点で大半を納付していないという。

 同社が、平成23年5期に約200億円の所得隠しを指摘され、重加算税を含む法人税の追徴税額は数十億円とみられ、同社は既に修正申告したが、約485億円の負債を抱えて破産を申請したため、現時点で大半を納付していないという。

毎日新聞(3月5日付)によると

 関係者によると、イ社は銀行やノンバンクから200億円超を借り入れていたが、銀行などは債権を第三者に譲渡した。その後、最終的に債権を取得した会社はグループ関係者が支配する実体のないペーパー会社だったことが調査で判明。

 この会社に譲渡された時点で債権者と債務者が同一の状態になり、債務が消滅していたことが分かった。このため同国税局は約200億円がイ社の実質的な利益(債務消滅益)にあたると指摘。債務消滅益に課税するとともに一連の経理処理を仮装隠蔽(いんぺい)を伴う悪質所得隠しにあたると判断した模様だ。

ページのTOPに戻る

花葉カントリークラブ 評判 花葉カントリークラブ オープン 花葉カントリークラブ 視察プレー 花葉カントリークラブ ブログ 花葉カントリークラブ 成田コース花葉カントリークラブ 小御門コース キャスコ花葉CLUB 花葉カントリークラブ2014

被害者の会を発足しました。