駅前士業ドットコムは、ファクタリングに強い士業サイトです。

受付時間 : 9:30~17:30 (土日祝祭日除く)メールは24時間OK

http://www.ekimae-sigyo.com

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

仮処分とは・・

2社間ファクタリング業者との間で支払いの遅延などによる不当な要求事案が起こっている場合、本訴「不当利得返還請求権訴訟」等による結果を待っていては、本人、親族、会社に著しい不利益が発生する危険があり、保全を認める必要性が高い場合に、権利保全に必要な暫定的措置を認める処分です。

このような事案に対抗する手段は、民事保全法に基づく裁判所に対する「仮処分」の申し立てが有効です。
 仮処分とは、裁判官の発する決定であり、裁判の一種です。
 裁判所の判決の確定を待っていては、権利の実現が不可能になってしまうことがあります。そうならないように、法的に現状を固定したり一定の地位を仮に認めさせたりする決定が仮処分です。

本人・親族・会社に対する取立に
架電禁止の仮処分

仮処分の形態


面会を求めてくる相手や・しつこい電話の相手方に対して…
 「面会強要禁止の仮処分」「架電禁止の仮処分」
張り紙、ビラ配り対して…
「文書配布禁止の仮処分」

仮処分の効果

この仮処分は民事保全法に基づく裁判手続きであり、とりあえず現在そこにある危険や困惑を取り除くために極めて有効な方法です。
 また、問題が裁判所という公の場に出されて法律の土俵に乗せられたことに意味があり、仮処分の申請をしたことによって、決定が出される前から相手方の動きが止まるという効果も期待できます。
 なお、相手方が仮処分の決定に従わない場合、「違反した一日又は一回につき○○円
の制裁金を支払え」という間接強制を申し立て、裁判所が制裁金の支払いを命じ、心理的に強制してその実現を図る方法があります。 


ファクタリングに強い弁護士
 

日本ファクタリング業協会が推薦する弁護士
関東 東京都弁護士 森田 悟志   
関東 埼玉県

弁護士 猪俣

  
近畿 大阪府   
九州 熊本県弁護士 田中 芳太郎